SECURITY

365日、24時間対応のセキュリティシステム

「ユニーブル伊丹」ではマンション共用部の火災や設備異常の監視だけでなく、
各住戸の火災・ガス漏れ・非常通報・防犯を戸別に24時間機械監視するホームセキュリティサービスを採用しています。

  • 防犯カメラ

    エントランスホールやエレベーター内部、駐車場などの共用部に防犯カメラを複数台設置。犯罪の抑止効果を高めます。

  • 非接触キー対応集合玄関機

    エントランスの集合玄関機(オートロック操作盤)は非接触キー対応各住戸の玄関キーをかざすだけでエントランスドアを解錠可能です。

  • TVモニターインターホン

    エントランスの来場者をTVモニター画像で見て確認してからエントランスドアを解錠する安心のシステムです。

  • 防犯サムターン

    近年被害が増加しているサムターン回し対策に配慮した防犯型サムターン。通常使用時の操作性も考慮して設計しています。

  • 鎌付デッド錠

    鎌状にせり出してくるデッドボルトがストライク部にガッチリとかみ合うことで工具による玄関ドアの強引なこじ開けに抵抗します。

  • 裏蓋付ドアアイ

    玄関ドアのドアアイには共用廊下側からの覗き込みによる室内の在室確認ができないように裏蓋を設置しています。

  • ディンプルキー

    防犯性に優れたV-18シリンダーを採用。抜き差しのスムーズな左右対称のリバーシブルタイプのディンプルキーで操作性を高めています。

  • ダブルロック

    玄関ドアのドアノブ部分の上下2カ所に鍵を設置。ディンプルキーの採用とあわせて住まいの防犯性を高めています。

  • 防犯マグネットセンサー

    警戒対象建物における出入口戸・窓からの侵入者を感知するマグネット式のマグネットスイッチです。玄関ドアと1Fの窓(面格子付窓を除く)に防犯マグネットセンターを装備。

STRUCTURE

目に見えない部分にまでこだわった建物構造

設計住宅性能評価「劣化対策等級3(最高等級)」を取得

柱・梁・主要な壁などの構造躯体に使用される材料に着目して、劣化を軽減する対策の程度を評価します。
「ユニーブル伊丹」では、性能表示事項の一つ劣化対策等級(構造躯体等)で等級3級を取得する予定です。

項目 等級 構造躯体等に使用する材料の交換等大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策の程度
3 通常想定される自然条件及び維持管理の条件の下で3世代(おおむね75〜90年)まで、大規模な改修工事を
必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられている。
2 通常想定される自然条件及び維持管理の条件の下で2世代(おおむね50〜60年)まで、大規模な改修工事を
必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられている。
1 建築基準法に定める対策が講じられている。
  • 概念図

    既成コンクリート杭

    ボーリング調査により強固な地盤を確認し既成コンクリート杭をBFK工法で地下約10mの支持層まで打ち込みます。

  • 概念図

    打込みサイレントボイドスラブ工法

    サイレントボイド型枠によりスラブの軽量化と剛性を高めています。これにより室内天井の小梁を少なくし開放感のある室内空間を実現。

  • 遮音性に配慮した床構造

    床スラブ厚は約235mm〜250mm(一部除く)とし、遮音性に優れたΔLL(Ⅰ)−4等級(LL-45)のフローリングと合わせて生活音の遮音性に配慮しています。

  • 概念図

    外壁・戸境壁

    外部に接する壁はコンクリート厚約180mm(一部除く)。戸境壁厚も約180mmとすることで生活音などの軽減に配慮しています。

  • 概念図

    ダブル配筋

    妻側の耐力壁や戸境壁の鉄筋は通常のシングル配筋と比べて強い強度が期待できるダブル配筋としています。

  • 概念図

    コンクリートかぶり厚

    帯筋には強度に優れた溶接封鎖型帯筋を採用。柱や梁のコンクリートかぶり厚を厚くしコンクリートの酸化による強度の低下を防ぎます。

  • 概念図

    複層ガラス

    2枚の板ガラスの間に空気層を設けた複層ガラスは高い断熱性能を発揮し省エネにも貢献。冬場の結露の発生を抑えます。

  • 概念図

    耐震枠付玄関ドア

    ドアとドア枠の間にすき間を設けた耐震ドア枠を採用。地震などの際、玄関ドアが多少変形しても開閉ができるように配慮しています。

  • 概念図

    防音サッシュ性能

    静かで快適な暮らしを守るためT-1等級及びT-2等級のサッシュを採用。外部の騒音を軽減し快適な室内環境に配慮しています。

  • 住宅性能評価書

    国土交通大臣の指定する第三者機関が設計と建築の二段階で評価を行い、客観的かつ公正な評価を確認することができます。

COMFORTABLE

※掲載の写真はメーカー参考写真及びイメージ写真につき実際とは異なる場合があります。※イラストは概念図につき実際とは異なります。